なんで私だけ怒られるんだろう?って思ったことありませんか?

人から非難されたり、
束縛されたり、
暴言を吐かれたり、
攻撃されたり
嫌味を言われたり…
 
 
なんで私だけいつもこんな目にあうんだろう?って思ったことありませんか?
 
 
そんなとき「私がダメだからなのかなぁ。。」って感じてますか?
 
 
 
この真実を知れば、過去のこともこれから起こることも違う捉え方ができるようになります。
 
 
そして、これから先、不必要に攻撃をされることはなくなりますよ。

なんで私だけ攻撃されるの?

例えば、職場でやたらと私にだけ仕事を押し付けて来て、失敗なんかした日には、こっぴどく責められる。私にだけ言い方がキツイ。。。
 
 
という上司がいる場合、
その人が近くに来れば、どこかおどおどしてしまったり、目をそらしてしまう。。
という経験はありませんか?
 
 
他人を攻撃する人は、自分の攻撃で屈する人を見分けられる能力が優れています。
 
 
責められることが多くなるほどに、余計にその人が苦手になって、態度に出てしまうようになったかもしれません。
 
 
 
けれど、本当のところは、初めて出会ったその日から相手はあなたが打撃を受けやすい人だというのを見抜いていたのです。

これを知れば攻撃を避けられる人になれる!

 
打撃を受けやすい人というのは、他人の言うことに影響を受けやすい人。
 
ただそれがわかったからと言って、
「よし、じゃあ他人の言うことに影響を受けないようにしよう!」っていきなりは変われませんよね。。
 
 
そんなあなたに相手の秘密を教えちゃいます。
 
 
実は……
人を非難したり、
束縛したり、
暴言を吐いたり、
攻撃したり、
嫌味を言ったり、
支配しようとしたり
コントロールしようとしたり…
 
 
こういったことは
すべて自信がなくて不安な人がすることなのです。
 
 
 
不安で不安で仕方がないから、まわりを攻撃して、周りを従わせて自分を守ろうとしているだけ。
 
 
一見、言われている側、されている側が弱く見えます。
 
 
でも本当は、攻撃側の人は奥底で、怯えているんです。
 
 
自分を守るための攻撃だから、攻撃されたら余計に反撃してくるし。
 
 
攻撃して、大人しく自分の言うことを聞くような人がいれば、その人は格好の標的となります。
 
 
 
「お前のため・・・」と言いながら「お前はノロマだからダメなんだ」という発言があったなら。
 
これは、「自分は頭がキレる」「自分は正しく指導している」という正当化にすぎません。
 
そうやって思うことでしか、その人は自分を守ることができないのです。
 

真実を知ったあなたにできること

 
何かを人から言われたときに、もしそれが的を得たもので、改善できるものなら素直に受け取ればいい。
 
「指摘してくださってありがとう」
 
でもそれ以外は、相手が不安だから言ってきているだけです。無視、無視!
 
 
攻撃されたときに「私はダメなんだ・・・」って落ち込む代わりに、「あ、今この人不安なんだな」って感じてあげればいいんです。
 
 
あなた自身がダメなんじゃなくて、攻撃する相手自身の問題だから。
 
 
 
もし余裕があるなら、相手の味方になってあげるのはどうでしょう。
 
ほーら怖くないよ。おいでって。
 
 
 
本当に現実でこうする必要はありませんw
 
 
頭の中でこうやって言ってあげるくらいの気持ちでいれば、あなたが相手の攻撃に打撃を受けることは少なくなります。
 
 
 
攻撃をされて、打撃を受けるとき。
もしくは、反撃するときは、「あなた自身も不安なとき」。
 
 
相手から何かをいわれてしんどくなったり、反撃したくなったら、「あーそうか、私自身が今不安なんだな」と気づいてくださいね。
 
過食嘔吐の克服のサポートを行っています。
克服には、身体と心の調整が必須!
 
 
あなたが自分を好きになるお手伝いや、自分を解放できるようになるお手伝いをいたします。asumiへのご相談は問い合わせページからどうぞ!
 
ただいま、克服に向けてのヒントとなる音声コンテンツなどを準備しております。ちゃんと満足してもらえるようなものにできるよう全力でやりますので、今しばらくお待ちください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

11年間過食嘔吐でした。 今まで、自分の考え方を変えるためにたくさん勉強してきました。 最近あったある出来事によって、これまで学んできた考え方を一気に自分の中に取り入れることができました。ぜーんぶつながった感じです。 今、過食嘔吐の衝動は全くありません。 あなたも絶対乗り越えられる力を持っています。私がサポートさせていただきます。